マーベロンは避妊効果だけでは無く、ニキビ発症を抑える効果もあります。黄体ホルモンの働きを抑制することによってニキビの改善ができます。マーベロンは皮膚科でも処方されている安全な低用量ピルとなっています。

太りにくい低用量ピルなら副作用の少ないマーベロン

低用量ピルには、卵胞ホルモン成分と黄体ホルモン成分が含まれており、これらの作用で高い避妊効果が得られます。用量の組み合わせによって、多くの種類が存在し、それぞれ特徴があります。体重増加や頭痛、不正出血などの副作用は、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの強さなどによって異なります。ピルで体重増加がある場合には、太りにくいピルとしては、卵胞ホルモンも黄体ホルモンもより弱いタイプを選ぶとよいでしょう。
マーベロンは、副作用が少なく、体重の変化やにきび、不正出血を起こしにくいという特徴があります。太りにくい低用量ピルを探しているなら、マーベロンがおすすめです。ピルで体重が増加するのは、ホルモンバランスの変化によるむくみです。マーベロンは、副作用が少ない第3世代ピルで、1周期あたりのホルモン量は一定で少なくなっていますので、太りにくいだけでなく副用法が簡単で、飲み間違いの心配がありません。
ピルの重大な副作用として、血栓症のリスクが問題とされています。血栓症は、年齢や喫煙と関係しますので、40歳以上の人や喫煙習慣のある人は、ピルの服用前に医師に相談してください。また、ビタミンCの過剰摂取も副作用を強くする可能性がありますので、注意が必要です。
ピルは、1日1回だいたい同じ時間帯に服用し続ければ、ほぼ確実に避妊できます。ピルを服用していたのに避妊に失敗するのは、ほとんどが飲み忘れが原因です。飲み忘れないように、携帯のアラームを利用したり、ピルの置き場所を工夫するなど、自分なりの飲み忘れ防止策をとりましょう。28日を1周期として、21日間飲み続けて7日間服用を休みます。28錠タイプでは、最後の7錠が偽薬で、この期間が休薬期間になります。