マーベロンは避妊効果だけでは無く、ニキビ発症を抑える効果もあります。黄体ホルモンの働きを抑制することによってニキビの改善ができます。マーベロンは皮膚科でも処方されている安全な低用量ピルとなっています。

低用量ピル「マーベロン」の成分と効能

低用量ピルは、卵胞ホルモン成分と黄体ホルモン成分から構成されますが、黄体ホルモン成分の種類によって第1世代から第4世代に分類されます。マーベロンの黄体ホルモン成分は「デソゲストレル」で第3世代になります。第1世代ピルは、血栓症や乳がんのリスクが高まる卵胞ホルモンを抑えたピルで、第2世代ピルは、少量でも効果のある、新しい黄体ホルモン成分を配合したピルです。第3世代ピルは、第2世代ピルで問題になった男性化作用を抑える黄体ホルモン成分が配合されています。全体のホルモン含有量を抑えて、副作用も少ないピルとして人気があります。
マーベロンは、1周期中のホルモン量が同じ1相性ピルなので、飲み間違いをする心配がありません。21錠タイプは、21日間飲み続けたら7日間服用を休み、28錠タイプは最後の7錠が偽薬ですので28日間休まず飲み続けます。
マーベロンの効能は、高い避妊効果の他、生理痛や生理不順、月経過多が原因の貧血の改善です。マーベロンには、排卵を抑制する作用と子宮内膜を薄く保つ作用があります。生理痛は、子宮内膜に多く含まれる物質によって起こりますので、子宮内膜が少なくなれば生理痛も軽減します。また、経血も減少しますので、貧血が改善されます。
その他の効能として、子宮内膜症の予防、卵巣がんの予防、子宮体がんの予防などがあります。また、月経前症候群(PMS)予防やにきび改善という効能もあります。
服用にあたっては、ビタミンCを同時に大量摂取すると、副作用が起こりやすくなり、血栓症を引き起こす可能性がありますので、ビタミンCの過剰摂取は避けるように注意します。また、高齢や喫煙習慣は血栓症のリスクを高めるため、医師に相談してください。